【やる気がない自分にやらせる】 成功者の格言

やる気になっているときにやるのは簡単だ。やる気がない自分にやらせることができてはじめて、人生とキャリアは上昇軌道に乗る。

(ブライアン・トレーシー 『ブライアン・トレーシーの「自己変革」』 PHP)

その人が本来持っている力、潜在能力を引き出す事は意識して初めてできる事です。

人は誰しも、自分自身の弱みを知っています。その弱みに不満を抱え、自信が無い事で、できるはずの挑戦を避け、安心を取り、楽な方法を選ぶ。そんな人生を送っている事が多いです。

では、成功者には弱みなどないのか?いいえそんな事はありません。今何かで悩んでいるあなたよりも多くの弱みを抱えている人もいます。

しかし、成功者と普通の人との違いは、その弱みを生かし、武器に変える事ができるかどうかです。

歴史を振り返り、成功者の写真を見ても、例えば背が高くてルックスも良いといった完璧な人はいません。寧ろ、恵まれた環境で育ったという人は少ないです。

今ある体、環境で勝負する。それしかありません。その中で自分の可能性をどれだけ引き出せるかどうか。

何かに挑戦して経験を積むと、自分はこんな事もできたんだな。と自信がつきます。それはやってみるまで気付く事はありません。

自信が無く最初から諦めていた事、すごい事だと分かっていながら、自分はまだそのレベルでは無いと避けている事を思い切ってやってみる。

そうすると、自分の世界が変わる事に気付きます。これが環境を変えるきっかけです。当然の事ながら、いつまでも同じ環境にいて成功に繋がる事はありません。だから絶対に変えないといけない。

そのためには、巡ってきたチャンスにとにかく乗ってみる事です。そうすると、潜在意識は無意識の中で働き、自分を開花させる日が来ると思います。

己の正しい道を進む。これは私が常に頭に置いている信念です。

関連記事

おすすめ記事

  1. 心の底から金持ちになりたいという願望を持ち、その願望の成就のために揺るぎない計画を立て、さらに決して…
  2. 自分自身に対して、同僚に対して上司に対して不誠実な人は、長くリーダーでいることはできない。この地上で…
  3. 目標や願望のいかんにかかわらず、勝つためには後退するためのすべての道を断絶しなければならない。成功す…
  4. 給料をもらう人間は働いている時間が退屈なので、その時間が早く過ぎないかだけを考えている。普通の人は、…
  5. 貧乏な人は、貧乏になるような悪い習慣を持っているから貧乏から抜け出せない。この悪い習慣の一つは、貯め…

プロフィール

ページ上部へ戻る