【成功体験の再現】 成功者の格言

新しい経験をするとき、成功者は事前に時間をとり、その分野での自分の成功体験を思い出して心の中で再現する。それに対し失敗者は、その分野での自分の失敗体験を思い出して心の中で再現する。

(ブライアン・トレーシー 『お金持ちになる人、ならない人の仕事術』 アスコム)

人は事前準備の段階として、無意識に心の中でイメージトレーニングをしています。成功者は成功のイメージを鮮明に描き、何度も頭の中で繰り返します。対して、失敗者は過去の失敗を思い出し、失敗の恐怖から離れる事ができずにいます。

両者の違いは明らかでしょう。未来の姿は、既にイメージの段階であなた自身の潜在意識で判断し、決定しているのです。脳はあなたの思い描くイメージの方へあなたを動かすように指令し、あなたはその命令通りの振る舞いをする事になるのです。

では、成功体験とはどのようにして積み重ねていけばよいのでしょうか?

注意しなければいけない事は、成功体験が単なる偶然だという場合です。たまたま得た経験は、たとえ良い経験だったとしても成功体験とは言えません。なぜなら再現性が極めて低いからです。

例えば宝くじに当たったという経験は、これまでの人生の中で一度ぐらいはあるのではないでしょうか?その時あなたは、もしかするとこんな風に思ったかもしれません。一度当たったから次も当たるんじゃないか?当ててやろう。買わないと当たらないしな。

しかし、これは間違った成功体験なのです。宝くじに当たったという体験は偶然の出来事でただのラッキー。蓋然性という観点から考えると、極めて乏しい状態です。

にも拘らず、一度当てたという体験は、あなたの期待値を拡大させる事になります。もう二度と来る事の無い成功の再現に期待し、宝くじで得た資金で再び宝くじを購入し、結局お金を失う事になるのです。

これは、パチンコや競馬などでも同じだと思います。その成功を再現できる確率はどの程度なのか?偶然であって、確率が低い出来事は成功体験とは言えません。

成功者は、偶然の出来事が次に起こる事を期待していない為、宝くじを再び買うという事はありません。まさに逃げるが勝ちという方法をとります。

たまたま得たお金で次のたまたまを得ようとしても上手くいかないからです。成功者は同じ成功を何度でも繰り返す事ができます。それはやはり確信した成功だからです。

投資で勝ち続けるのも、ビジネスで成功し続けるのも、全てはその再現性がしっかりしているからです。ラッキーを得ようとして一攫千金を狙う人は、少しのブレにも耐える事ができません。ちょっと期待していない事が起きると、失敗を恐れてすぐに中断してしまうでしょう。

それは、成功のイメージができていないからです。分からないからです。そう考えると、やはり自分の力で見たり、聞いたり、感じる事でしか、成功体験は生まれない事が分かります。

地道な努力で小さな成功を重ね、確かなものにしていく。そして、いつか同じ事を再現できるようになった時、真の成功者と言えるのだと思います。

関連記事

ジェームス・スキナー

おすすめ記事

  1. 感情のないトップセールスマンはいない。口下手でも話し上手でもどちらでもいいが、感情のない人間が成功す…
  2. 人生は、『考えること』と『行動すること』の二つでできている。いままで考えてきたことと、思考の結果行動…
  3. 自分自身に対して、同僚に対して上司に対して不誠実な人は、長くリーダーでいることはできない。この地上で…
  4. できるだけいろんな人とつき合いなさい。そして、会ったら五分でその人がどんな人物かを見極めなさい。それ…
  5. 世間は、その人の「知識」に対して報酬を支払っているのではない。その人が知識に基づいて何かをやってくれ…
  6. 成功するのに必要なのは、流れを読む力だ。物事の奥深くを見通す力だよ。社会の流れがどうなるのか、お金の…

プロフィール

ページ上部へ戻る