【自己イメージと自己実現】 成功者の格言

「それは冒険だ。私には危険すぎる。」消極的態度がもたらす低い自己イメージは、活力を発揮するに当たって最も大きな障害となる。これが人間の開放、すなわち自己実現への道を妨げている。

(デニス・ウェイトリー 『成功の心理学』 ダイヤモンド社)

思考や感情といった、内面的なイメージは、生理機能、すなわち姿勢や呼吸法、筋肉の緊張度、声の調子などと強く結び付いています。

たとえ元気でも、憂鬱と感じていれば、体はだるくなり、やる気が失せて、視線は下がります。

一方、落ち込んで下を向き、肩を落として歩いている人が、意識的に背筋を伸ばして立ち、胸を張り、顔を上げ、身体を動かしていれば、落ち込んでなどいられなくなります。

ですから、辛い時こそ、胸を張り、笑ってみましょう。すると、たちまち気分が良くなり、やる気が戻ってくるはずです。

関連記事

おすすめ記事

  1. 肯定的な信念と結びついた思考ばかりではなく、否定的な感情と結びついた思考も潜在意識に到達しやすい性質…
  2. 目標や願望のいかんにかかわらず、勝つためには後退するためのすべての道を断絶しなければならない。成功す…
  3. 給料をもらう人間は働いている時間が退屈なので、その時間が早く過ぎないかだけを考えている。普通の人は、…
  4. 本当に成功したいなら、最初の動機が大切だ。それがずれていると、ぐちゃぐちゃな人生を送ることになる。パ…
  5. 不自由人は、自分で自らを不自由にしている。夜や週末の時間を平日の仕事の憂さ晴らしに使ってしまっている…

プロフィール

ページ上部へ戻る