【健全な計画を立てる】 成功者の格言

一時的な失敗を経験せず、巨富を築くことだけを望んでも決して成功しない。失敗するということは、計画が総合的にみて健全ではなかったためなのだから、それをキッパリと認めて計画を練り直さなければならない。計画を練り直す作業は骨の折れる作業ではあるが、再出発するためには欠かせないことだ。目標に達しないうちに諦めてしまうのは、現役から退いた者のすることである。

(ナポレオン・ヒル 『巨富を築く13の条件』 きこ書房)

計画とは、あくまでも想定に基づく計画であり、うまくいかなければ別の計画を実施すればよいのです。

成功への近道は、目標に向かって事がうまく運ぶまで、何度でも辛抱強く続けるという事です。

大多数の人は、たった一つの計画を立てて、それに失敗すると、自分には才能がないのだと諦めてしまい、代替案を作ることさえ放棄し、失敗のまま終わってしまいます。

しかし、重要なポイントは、たとえ失敗したとしても、成功に繋がる一時的な失敗は、決して永久的な失敗に繋がるものではないという事です。

例えばトーマス・エジソンは、白熱電球を完成させるまで、1万回も実験に失敗しています。つまり、一つの成功に至るまで、計画の修正を1万回繰り返したという事なのです。

人は失敗すると、後悔やショックの念がすぐにやってきます。

あの時こうしておけばよかった、ついていない。

まず間違いなくこう考えるのが普通です。しかし、大切なのは、失敗に対して後悔やショックを受けてはならないという事です。

後悔というのは、決して変える事のできない過去に対して、悩んでいる無意味な時間です。ショックというのも時間の無駄でしかありません。では、どうすればよいのかというと、簡単です。

失敗したことについて何がいけなかったのかを考え、原因を予想する事です。その原因を無くせば、次に同じ失敗は起きません。

人は失敗の度に成長していく事のできるパワーを持っています。

ただしそのパワーは、失敗をラッキーと捉える事ができてこそ作られるものだと思います。ですので、たとえこれから悪い事が起きたとしても、発想を変え、失敗の原因を知った事に喜びを感じられるようになってください。

挑戦する度に失敗はします。しかしその分強くなれます。そして挑戦は楽しい事であると体が教えてくれます。

人生は失敗から作られているのです。

関連記事

ジェームス・スキナー

おすすめ記事

  1. 感情のないトップセールスマンはいない。口下手でも話し上手でもどちらでもいいが、感情のない人間が成功す…
  2. 人生は、『考えること』と『行動すること』の二つでできている。いままで考えてきたことと、思考の結果行動…
  3. 自分自身に対して、同僚に対して上司に対して不誠実な人は、長くリーダーでいることはできない。この地上で…
  4. できるだけいろんな人とつき合いなさい。そして、会ったら五分でその人がどんな人物かを見極めなさい。それ…
  5. 世間は、その人の「知識」に対して報酬を支払っているのではない。その人が知識に基づいて何かをやってくれ…
  6. 成功するのに必要なのは、流れを読む力だ。物事の奥深くを見通す力だよ。社会の流れがどうなるのか、お金の…

プロフィール

ページ上部へ戻る