【深く一つの事を追求する】 成功者の格言

富を築くのをさまたげるハードルのうち越えるのが最もむずかしいのは、自分自身に正直になり、人と違ったことをするのをためらわないことだろう。

(ロバート・キヨサキ 『金持ち父さん 貧乏父さん』 筑摩書房)

人は、生まれてから死ぬまで様々なことに挑戦します。例えば、自分が進みたい分野の資格や免許、その他にも、会社で指示されたスキルアップを図ろうとする場合もあります。

また、語学を習得する為に留学したり、ダイエットの為にスポーツジムに通うといったこともあると思います。

この様に、人は何等かのきっかけで色々なことにチャレンジするのですが、その結果はというと、ほとんどの場合、実績が出る前に辞めてしまいます。

連続して失敗し、多少前に進めなくなると、やっぱり自分にはできないんじゃないか。できた人がきっとすごいんだ。あるいは、これは自分には合っていないと判断したりします。

もちろん本当に合っていない場合もありますが、そう判断できるのは、基本的な事を全てマスターするぐらいやり込んだ後です。

かなり深く分かった時に、自分の進むべき道とは違う、本来的には自分の個性が役立てないと言えるのです。

多くの場合、人は自分の進路について迷います。

数ある選択肢の中で、自分に何が向いているのかなんて分からないし、それらを全て経験できるわけでもありません。

ですから、それは当然の事です。しかし何をやるにしても、深く一つの事を追求した経験が無いと、自分の得手不得手を棲み分けできるようにならず、自分の進むべき道が見えてきません。

ですから途中で、もうダメだと思っても、挫折してはいけません。そう思ってからが本当の勝負です。そこで踏ん張れた人だけが、マスターして次の世界へ行けます。

一つを貫くと、その成果が次の挑戦に必ず生きます。

マインドの面においても、自己肯定、そして自分への自信に繋がります。まずは自分が決めた道を一つの形として成功させ、結果を出すことです。

他人の考えや行動、発言が気になり、批判されることばかりを恐れる結果、行動を起こさないというのは人の心理です。これは、目に見えない、誰もが潜在意識に持っている最大の敵なのです。その敵は、自分の忍耐力でしか倒すことができません。強い忍耐力を持ち続ける事が成功へのステップです。

そのためにも、難題が立ち塞がった時は、一時的な休息もいいでしょう。しかしそれは、やり続ける為の休息である必要があります。

自分がやり始めた事は、実績になるまで辞めてはいけません。そうすることで、人生は必ず変化していきます。

関連記事

ジェームス・スキナー

おすすめ記事

  1. 感情のないトップセールスマンはいない。口下手でも話し上手でもどちらでもいいが、感情のない人間が成功す…
  2. 人生は、『考えること』と『行動すること』の二つでできている。いままで考えてきたことと、思考の結果行動…
  3. 自分自身に対して、同僚に対して上司に対して不誠実な人は、長くリーダーでいることはできない。この地上で…
  4. できるだけいろんな人とつき合いなさい。そして、会ったら五分でその人がどんな人物かを見極めなさい。それ…
  5. 世間は、その人の「知識」に対して報酬を支払っているのではない。その人が知識に基づいて何かをやってくれ…
  6. 成功するのに必要なのは、流れを読む力だ。物事の奥深くを見通す力だよ。社会の流れがどうなるのか、お金の…

プロフィール

ページ上部へ戻る