【失敗という概念】 成功者の格言

成功者はどんな結果が出ても、「失敗した」とは思わない。そもそも、失敗という概念が存在することを認めていない。

(アンソニー・ロビンズ 『一瞬で自分を変える法』 三笠書房)

何らかのアクションを起こすと、必ず結果がついてきます。大成功を収めてきた人でも、失敗しないわけではありません。ただ、自分の思った通りの結果が得られなくても、そこから学ぶべきものがあることを知っているのです。そして、そこで学んだ事を生かして、また別の事を試してみようとします。

成功者は、失敗を成功の種に変えてしまうというマインドを持っています。そう考えると、失敗を重ねる度に成功の種子は増え続け、新たな行動から生まれた新たな結果は、より成功へと近付いていくのです。

多くの人が、「失敗=恐怖」として、刷り込まれています。仕事でミスをしてしまった、車で事故を起こしてしまったなどの経験は、誰にでもあると思います。この経験が、恐怖というイメージで記憶に焼き付いていると、うまくいかないことばかりを思い浮かべてしまい、行動を起こす事をためらってしまうのです。

あなたは今、失敗を恐れていますか?もしそうだとしたら、これからは「失敗から学ぶ」という心構えを持たなければいけません。では、なぜ成功者は失敗を恐れること無く行動できるのでしょうか。

人は、モチベーションによって動く生き物です。成功者は、このモチベーションが常に一定であるという特徴があります。今日は仕事をしないとか、今日は気分が乗らないから休むという概念がありません。

毎日同じモチベーションを保ち、高いクオリティーで高速度で前進を続けるのです。たまには息抜きしてもいいかということを許しません。モチベーションが低下して、行動の質や量が落ちることを一日単位であっても肯定することがないのです。つまり、一般的には肯定されている「メリハリ」がないということです。実はこのマインドこそが、失敗と強く向き合っていく方法です。

このマインドは、自分のやる気を高める方法を知ることで築くことができます。例えば、住みたい家、乗りたい車、結婚したい相手、なりたい人、取りたい資格、稼ぎたいお金、いろいろあると思います。その中で、何か一つだけ叶うとすれば何を叶えますか?その夢を叶える為に行動するならわくわくするはずです。そして、その夢を思い出すだけでもモチベーションを自由に引き出すことができるようになればいいのです。

モチベーションが低下しそうな時は、これを想像するとやる気が入るというものを用意し、何度も想像するようにすれば、必ず効果が出るはずです。

失敗は自分に痛みを与えてくれるものです。その分深く反省することができるので、成功体験よりも価値の高い経験です。そう捉えると、失敗は成果でしかないことが分かります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 感情のないトップセールスマンはいない。口下手でも話し上手でもどちらでもいいが、感情のない人間が成功す…
  2. 富を築くのをさまたげるハードルのうち越えるのが最もむずかしいのは、自分自身に正直になり、人と違ったこ…
  3. 本当に成功したいなら、最初の動機が大切だ。それがずれていると、ぐちゃぐちゃな人生を送ることになる。パ…
  4. 世間は、その人の「知識」に対して報酬を支払っているのではない。その人が知識に基づいて何かをやってくれ…
  5. 不自由人は、自分で自らを不自由にしている。夜や週末の時間を平日の仕事の憂さ晴らしに使ってしまっている…

プロフィール

ページ上部へ戻る