【動くための学習】 成功者の格言

恐怖と無知を消し去る最高の特効薬は、意欲と知識である。

(ブライアン・トレーシー 『お金持ちになる人、ならない人の仕事術』 アスコム)

人が動けないことの最初の原因は、もし動いて悪くなってしまったらどうしようという、よくない想像の塊によるものです。

これは私も経験してきましたし、おそらくほとんどの方も感じることではないかと思います。

では、動ける自分になるにはどうすればいいのか。ということですが、結論を言うと、動くことへの恐怖を取り除くということです。そして、恐怖は学習によってまずは和らげることができます。

自分の行動がどう転ぶのか全く予想できない状態で進むことほど、恐ろしいことは無いからです。まさにバクチです。

しかし、こうするとああなるというようなある程度の判断ができるようになると、精神的にも安心感がでてくるはずです。

投資の世界でも同じことが言えます。まだ投資をされていない方で、興味はあるけどやっていないという人は、恐らく投資に対する不安や恐怖が多少なりともあるのではないでしょうか。それは投資に対する知識が無いからです。

もちろん全く知識が無い段階で行うとなると、99%ヤラれると思います。ゼロになるか、信用取引ではマイナスも食らいます。

雑誌やテレビでいいニュースが出ている。安定した会社だし、よし買ってみよう。知識が無い段階だとこのような判断しかできないと思います。

ところが、チャートを見ると5日線、25日線、75日線全てが下を向いている状態で、ローソク足はまだ5日線の内側にあり、陰線だ。現段階では下降トレンドである。したがって、今は買う場面ではなく、空売りを入れる場面。

このように、ある程度予測がつくから自信を持って行動できるわけです。そう考えると、行動する為には学ぶということが必然であるということが分かります。

そして、知識を身につけると今度は、ひょっとして自分にもできるんじゃないだろうかという自信が湧いてきます。すると、やろうとすることに着手できるまでの勇気を持つことができます。

着手というのは、やらざるを得なくなるという環境を自ら作ることと同じ効果を発します。腰が重い人にとっては、何かに手を付けると、後は案外スムーズに動けてしまうものであり、動ける自分になるための簡単な方法でもあります。

それからの行動は、あなたにとって別の景色となるはずです。より大胆な行動をとることができ、新たな発見やアイディアを得ることができるようになります。

動ける自分とは、動くまでのトリガーをどう作るかであり、それができると、また次の新たな行動ができる自分になっていきます。そうやって段階を得ることが、成功への道を築くということだと思っています。

関連記事

ジェームス・スキナー

おすすめ記事

  1. 感情のないトップセールスマンはいない。口下手でも話し上手でもどちらでもいいが、感情のない人間が成功す…
  2. 人生は、『考えること』と『行動すること』の二つでできている。いままで考えてきたことと、思考の結果行動…
  3. 自分自身に対して、同僚に対して上司に対して不誠実な人は、長くリーダーでいることはできない。この地上で…
  4. できるだけいろんな人とつき合いなさい。そして、会ったら五分でその人がどんな人物かを見極めなさい。それ…
  5. 世間は、その人の「知識」に対して報酬を支払っているのではない。その人が知識に基づいて何かをやってくれ…
  6. 成功するのに必要なのは、流れを読む力だ。物事の奥深くを見通す力だよ。社会の流れがどうなるのか、お金の…

プロフィール

ページ上部へ戻る