【タイム・イズ・ライフ】 成功者の格言

タイム・イズ・マネーという言葉は間違っている。お金なら増やすことも可能だ。しかし、時間だけは誰にも増やすことができない。まさしく有限の「命そのもの」であり、タイム・イズ・ライフなのである。

(堀江貴文 『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』 ダイヤモンド社)

著書の中で堀江さんは、無駄な事が許されない、無駄話をされるのが嫌いだと語っておられますが、私も同感です。

無駄な事というのは思考でも同じで、その対象というのがやはりネガティブな思考です。

はっきり言って、他人の愚痴や妬み、社会の不満という感情から何一つとして良い事は生まれません。そんな事を考える時間が無駄という話になります。

あなたの周りにもいるはずです。例えば会社で常に誰かの悪口を言ってる上司。或いは、本題に入る前に必ず関係の無い話をする人。「今日はしんどいな」とか「ゲームの内容がどうのこうの」とか、本当にどうでもいいような事を話し始めます。

恐らく本人は、会話の雰囲気を和めようとしているのだと思いますが、それに付き合っているこっちは正直イライラします。何せ、無駄な時間を過ごしているわけですからね。それだけ、一日の時間が無駄になる、人生が無駄になっているという事なのですから。

かと言って、「さっさと本題を話せ」などと怒る事もなく、相手に合わせて対応するというのも、人とのコミュニケーションマインドとして大切な事ですから仕方ありませんね。

さて、相手がどうであれ、あなたはこんな風に貴重な人生の時間を無駄にしてはいけません。時間は、残酷にも刻一刻と過ぎていきます。

今日という日の24時間をどう振り分けて生きるのか、それがあなたの人生を無駄にするかしないかの選択という事です。

他人の無駄話に付き合う時間、行きたくも無い飲み会に参加する時間、会社で言われた仕事をただひたすら実行する時間は「他人の時間」であり、行きたいセミナーに参加したり、自分で考えて自分の意思で仕事に臨んでいる時は、「自分の時間」を過ごしているという事です。

仮に、あなたが10代や20代の年齢なら、人生における時間という概念はあまり鮮明では無いかもしれない。しかし、時間は有限であり、命も有限です。だからこそ、無駄にはできない。そう思っています。

関連記事

おすすめ記事

  1. 不自由人は、自分で自らを不自由にしている。夜や週末の時間を平日の仕事の憂さ晴らしに使ってしまっている…
  2. 自分の好きなことを探して、それをやるためには、心のあり方を変える必要があるのだよ。自由な心を取り戻す…
  3. 肯定的な信念と結びついた思考ばかりではなく、否定的な感情と結びついた思考も潜在意識に到達しやすい性質…
  4. 学校歴がそのまま会社の評価になる、極端な場合は、人間は日々変化し成長するものであることを無視して入社…
  5. 世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。 (本田健 『ユダヤ人大富豪の教え…

プロフィール

ページ上部へ戻る