【できることしかできない】 成功者の格言

どんな理由であれパンクしそうだと感じたら、やることばかりが多すぎて時間が足りないと感じたら、深呼吸して自分に言い聞かせよう。「できることしかできない」と。

(ブライアン・トレーシー 『ブライアン・トレーシーの「自己変革」』 PHP)

職場では多くの仕事を抱え、それなりの立場であれば責任もあり、誰よりも早く出社し仕事の段取りから部下の気遣いまでしなければいけない。

また、家庭でも共働きであれば家の用事もあり、子供がいれば学校の行事もあります。子供が病気になれば優先的にそっちに目を向けなければいけません。

何せやる事が多い。というのが家庭を持った父親ないし、母親が抱える悩みであると思います。

しかし毎日こういう日々を送っていると、間違い無く精神がやられてしまいます。

人間たくさんの分野に集中する事はできない。私はできても2つまでだと思っています。それ以上は、言い方は悪いですが、どこかで手を抜くという事をしないといけません。

一見周りでは、全てを完璧にこなしている様な人はいます。世間では優秀な人とみなされますが、実はこういった人は全てを自分一人でこなしているわけではありません。

自分にできない事は誰かに任せるとか、思い切ってやらないとか、といった手順を作り出しています。

要するに、優秀な人は自分のバッファーをあらかじめ理解しているから、それ以上の仕事を受けないように工夫しているのです。

だから、受けられる範囲で受けた仕事は完璧にこなしているという事です。

職場でも家庭でも、人生は人間関係で成り立っています。ですので、人を動かす力が無いと、こうした事はできないと思います。人を動かすという事は、自分自身が人が動いてくれるマインドでないといけません。

リーダーシップ(熱意、行動、態度)ですよね。しかし、どうしても参ってしまう状況ってあると思います。そうした時は、一旦その場から逃げましょう。

一度外界から自分を遠ざけ、本当にやらなければいけない事は何なのかをもう一度考える必要があります。

周りに振り回されていれば、何の為に仕事をしているのか、日常を過ごしているのか分からなくなります。そうした状態に陥らない為にも、体を休めるという事も重要です。

成功者は、過去にたくさんの挫折をしているので、復活には逃げる、やらない、休むという事の重要性を知っています。

だから、これは間違いではありません。多くのプレッシャーにさらされた状態で、いつも同じ精神を保てる程、人間強くないと思っています。

どこかで支えてくれる人がいたり、モチベーションを上げる何かの助けが無いと、なかなか難しいと思います。

できる事しかできないと考えるという事は、精神状態を整え、一定の速度でバランスよく人生を送っていけるコツ。そう考えましょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 不自由人は、自分で自らを不自由にしている。夜や週末の時間を平日の仕事の憂さ晴らしに使ってしまっている…
  2. 目標や願望のいかんにかかわらず、勝つためには後退するためのすべての道を断絶しなければならない。成功す…
  3. 給料をもらう人間は働いている時間が退屈なので、その時間が早く過ぎないかだけを考えている。普通の人は、…
  4. 成功するのに必要なのは、流れを読む力だ。物事の奥深くを見通す力だよ。社会の流れがどうなるのか、お金の…
  5. 世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。 (本田健 『ユダヤ人大富豪の教え…

プロフィール

ページ上部へ戻る