【結果の言い訳をしてはならない】 成功者の格言

目標を達成できる人は、「結果」について、あれこれ言い訳しない。逆に、もしあなたが「こんな結果になったのは、自分の責任ではない」といった言い訳が口グセになっていたら、自分の人生を誰かに預けてしまっているのも同然だ。あなたは何の見どころもない「でくのぼう」にすぎないだろう。

(アンソニー・ロビンズ 『一瞬で自分を変える法』 三笠書房)

責任をとれるかどうかは、その人の能力と成熟度を示す尺度であると言われています。

会社の組織で考えてもそうですね。平社員がいて、そこから係長、課長、部長、役員、社長、会長という様に責任に対する重みが増していきます。

思うに、尊敬される上司とは、それぞれの立場で、あるいはそれ以上の責任をとるという姿勢のある人だと思います。

今から約5年程前になりますが、私が品質管理を担当する部署にいたころ、あるコンサルティングの先生から教わった事があります。

どうすれば早く出世できるのか、評価され、給料をアップしてもらえるようになるのか。そんな話題になった時の事です。

その時、先生はこう言われました。「そんな事は簡単だよ。責任をとるからやらせてくれって言えばいいんだ。そう言えば誰も反対しないよ。ただ、責任をとればいいだけだ。」

「責任をとれるという事は、誰もが納得のいく答えだという事。これはまさに、人の心理ですよ。」

この様に話された事をずっと覚えていて、今の私の血肉となっています。

責任をとるというのは、全ての結果を受け入れる事の責任であり、責任をとる姿勢が強ければ強いほど、その分受け入れる結果も多くなります。

成功する人は、何が起きてもそれが最善だと考えます。だから自分の行動に迷いが無いし、責任をとるスタンスを保つことができます。逆にそう考えていないと、怖くて前に進む事はできないでしょう。

ですから、前に進んでいける人が成功するというのは明らかです。

また、責任の数だけ人間力も形成されていきます。

そう考えると、責任が人の成熟度を表しているというのは本当ですね。

関連記事

おすすめ記事

  1. 給料をもらう人間は働いている時間が退屈なので、その時間が早く過ぎないかだけを考えている。普通の人は、…
  2. 学校歴がそのまま会社の評価になる、極端な場合は、人間は日々変化し成長するものであることを無視して入社…
  3. 自分の好きなことを探して、それをやるためには、心のあり方を変える必要があるのだよ。自由な心を取り戻す…
  4. 私たちは莫大な財産を築いた人々のことを見るとき、彼らの「成功」の部分だけしか見ていない。しかし、彼ら…
  5. 目標や願望のいかんにかかわらず、勝つためには後退するためのすべての道を断絶しなければならない。成功す…

プロフィール

ページ上部へ戻る