週足から次の値動きを読み取る

2019年11月23日の時点から、来週の株式市場についての動向を考察していきます。

まずNY株式市場ですが、ダウ平均は11月22日の終値27,875.62で前日より+109.33ドル上昇となり、前日が27,766.29で-54.80ドルでしたので、大幅反発での上昇が生じる結果となりました。

チャートを見ると、11月19日に大きく下げ始め、2日目に長い下ヒゲ陰線で下落、3日目も陰線が続き、このまま下落に向かうのかと思いきや、4日目に上に戻した状態です。

さて、この上昇をどう捉えるのかという事ですが、一度週足ベースでチャートを観察してみましょう。

すると、2019年1月~4月にかけて上昇し、約3ヶ月目で一旦揉み合い。

次の4月~7月にかけては、上昇してからの下落。

次の7月~10月にかけては、上昇してから途中8月頃で下落し、9月頃から上昇開始。

そして10月~12月までの期間で、今現在上昇しています。

ここから言える事は、上記の様に3ヶ月の区切りの中で相場を観察すると、上昇からの横這い、もしくは上昇からの下落を繰り返しながら、上昇を続けているという事です。

そういう見方をすると、今から12月までの間で横這いか下落が起きるんじゃないかというストーリーができます。

そして、その証拠に今月に入ってから初めて週足での陰線が出ました。

ですから、日足ベースで一旦陽線で戻しはしたものの、短期的には揉み合いになると考えています。

仮に陽線が続いたとしても、恐らく11月19の陰線の上値を越えられない。今のところ私はそう推測しています。

さて、次に日経平均株価を見てみましょう。日経平均は11月22日が終値23,112.88 で前日より+74.30円。前日が終値23,038.58で-109.99円でしたので、前日より少し戻したという状況です。

チャートを見ると、ローソク足の動きはこの4日間NYダウの動きと同じになっております。

NYダウよりも戻りは浅いですが、3日連続陰線からの陽線での反発という事で、連動した動きと言えるのではないでしょうか。

JPX日経400は15,107.30で前日より+18.01円となり、11月14日に一旦大きく下げてから横這いが続いております。

これは先週私が推測したストーリー通りの結果ですね。

で、この横這いですが、いつまで続くのかと言いますと、現時点でローソク足が陽線で20日線に接しようとしています。

そして、前々日の11月21日に出た長い下ヒゲの陽線を見ても、ここは一旦反発の上昇だと考えます。

しかし、9月からの上昇3ヶ月目で弱い事は確かです。10月3日に一度20日線を割ってますので、今回2度目の20日線へのチャレンジという様な形です。

仮に上昇したとしても、前の上値を越えられない可能性の方が高いのではないでしょうか。

「相場の道、すなわち孤独に徹する事」
これは最後の相場師と言われた是川銀蔵さんの言葉ですね。

私はこの言葉が大好きでして、自分で声に出すと寒気がして鳥肌が立ちます。

ほんとにね、その通りだと痛感しています。投資というのは、孤独との戦い。自分に勝たなければならない。

儲けたいという欲求、失敗への不安と恐怖、そういった感情に打ち勝つ、即ち「克己」という事。

そのマインドがなければ続ける事は不可能です。だから真の意味で気持ちが弱い人間には出来ない事だと思っています。

孤独というのは、全ての決定権が自分にあるという事。つまりそれは、全ての責任は自分で取るという事です。

相場師というのは、強くなければならない。辛いですが、私はこのスタイルが大好きです。誰にも邪魔されず、自分の力で突き進む。

これこそ正に合理性のある生き方であり、自分を底から成長させてくれます。

私はこれからも孤独と闘い続けます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。 (本田健 『ユダヤ人大富豪の教え…
  2. 私たちは莫大な財産を築いた人々のことを見るとき、彼らの「成功」の部分だけしか見ていない。しかし、彼ら…
  3. 貧乏な人は、貧乏になるような悪い習慣を持っているから貧乏から抜け出せない。この悪い習慣の一つは、貯め…
  4. 本当に成功したいなら、最初の動機が大切だ。それがずれていると、ぐちゃぐちゃな人生を送ることになる。パ…
  5. アイデアは、目に見えないエネルギーである。そのアイデアを生み出した頭脳よりも大きな力を持っている。ま…

プロフィール

ページ上部へ戻る