株価の行く末は全てチャートから

2019年12月7日の時点から、来週の株式市場についての動向を考察していきます。

まずNY株式市場ですが、ダウ平均は12月6日の終値28,015.06で前日より+337.27ドルの上昇となり、前日が27,677.79で+28.01ドルでしたので、大幅上昇となりました。

チャートを見て直近を振り返りますと、12月2日に-268.37ドルの大幅下落、そして次の日も-280.23ドルの大幅下落という様に、高値圏からの暴落が発生しました。

その後、27,500ドル付近の節目で反発し、大陽線で約28,000ドルの高値付近まで戻ったという値動きになっています。

では、この動きをどう捉えるかという事ですが、長期目線で考えると、月足ベースで2018年から2019年にかけてはボックス圏となり、2019年から2020年にかけて上昇しています。

ですので、通常の流れであれば来年は一度ボックスを形成すると思います。しかし、2年連続で上昇した過去もありますので、このままさらに上を行く可能性もあるでしょう。

短期的には、週足ベースで上昇から9週目、日足ベースでは、現在戻しはしましたが一度20日線を大きく割り込みましたので、確実に弱くなってきている事を証明しています。

恐らく、しばらくは揉み合いが続くのではないかと思っています。

それでは次に日経平均株価を見てみましょう。

日経平均は12月6日が終値23,354.40で前日より+54.31円。前日が終値23,300.09で+164.86円という事で、2日連続の上昇という結果になってます。

チャートを見ますと、11月8日から、上値が約23,500円、下値が約23,000円の間でボックスを形成しています。

このボックスがいつまで続くかは分かりませんが、NYダウと同様、投資家の売り圧力が高まってきている事は確かだと思います。

それではJPX日経400はどうでしょう。

12月6日の終値15,301.35で前日より+13.78円となり、こちらも日経平均株価と同様、現在ボックスとなっています。

長期目線で見れば、過去の高値圏16,000円までの上昇が期待できますが、そうであっても現在上昇3ヶ月目。

やはりそろそろという雰囲気は大きいです。

私も含め個人投資家としては、ここは踏ん張りどころです。急な暴落がいつ来るか分かりません。

しかし、その前兆は必ずチャートに表れます。チャートをしっかり見て技術で乗り越えていきたいですね。

ニュースは時に予想外の値動きとなりますが、それも特別な事です。

そして業績は一切関係無しです。仮にあったとしても、全てはチャートに表れてます。

そうです。チャートが全て。

株は技術です。

関連記事

おすすめ記事

  1. 感情のないトップセールスマンはいない。口下手でも話し上手でもどちらでもいいが、感情のない人間が成功す…
  2. アイデアは、目に見えないエネルギーである。そのアイデアを生み出した頭脳よりも大きな力を持っている。ま…
  3. 私たちは莫大な財産を築いた人々のことを見るとき、彼らの「成功」の部分だけしか見ていない。しかし、彼ら…
  4. 貧乏な人は、貧乏になるような悪い習慣を持っているから貧乏から抜け出せない。この悪い習慣の一つは、貯め…
  5. 不自由人は、自分で自らを不自由にしている。夜や週末の時間を平日の仕事の憂さ晴らしに使ってしまっている…

プロフィール

ページ上部へ戻る