トラブルから逃げず、すぐに解決する癖をつける

こんにちは、黒乃雅斗です。

日常的にトラブルを抱えていると、心が穏やかで無くなります。

トラブルを抱えるというのは、誰にとっもストレスです。どんなにお金があっても、そのストレスから逃れる事はできません。

大企業の社長でも、トラブルを抱えていれば、心穏やかではないはずです。

例えば、マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツ氏は、世界トップクラスの大富豪ですが、会社は数々の特許問題などの訴訟を抱えています。

成功者は問題ではなく、常に解決策にフォーカスしています。

ビジネスでもプライベートでも、人間は生きている限り必ず何らかの問題にぶち当たります。

大事なのは、自分に何が起こったかではなく、その問題をどう対処するかを考えるという事です。

起こった出来事はその瞬間に過去のこととなり、過去のことは変えることができません。

人生は問題や課題が山積している。

そういうものです。

だから人は常に大小の問題を解決したり、あるいは問題を回避したりしながら生きているのです。

この問題解決能力が優れている人が成功者となり、問題を先送りしたり、問題から逃げたりしてばかりいる人は、凡人のままで終わります。

この問題解決能力というのは、日頃の心がけ、マインドセット次第で、高めていく事ができます。

では、どういったシーンで、この問題解決能力は発揮されるのでしょうか?

社会における様々なシーンにおいて、「稼げない人」「デキない人」「結果を出せない人」には、ある程度同じような特徴があります。

それは、いつも「できない理由を探す」癖があり、ネガティブな思考であるという事です。

今の環境や自分の能力は、そのすべてが単なる状況でしかありません。

「稼ぎたい!」と考えるという事は、「稼げていない」という問題を解決する為で、その問題を引き起こしているのが現在の状況です。

それなのに、今の状況を変える解決策を探すべき場面で、今の状況を理由にし、行動を抑制しているのです。

これでは上手くいくはずはありません。

一方、成功者の思考回路は全く違います。

成功者は、「どうすればできるのか?」を考えます。

もちろん、そう簡単に答えが出るわけではありません。

しかし、「どうすれば今の状況を変えられるのか?」「違う切り口はないか?」「他のアプローチではダメなのか?」という風に、常にポジティブに考えています。

常に解決策を探す癖をつけておけば、問題解決能力を高める事ができるのです。

これも一種のトレーニングであり、ビジネスだけではなく、日常生活でもこの思考回路で考える癖をつけなければいけません。

成功者には共通点があります。

それは、問題解決してきたことです。

そして、顧客の要求を満たしてあげる能力の高さです。

あるニーズが繰り返し現れた時、成功者はそのニーズを解決する方法を素早く考えます。

成功者は人一倍問題を抱え、解決してきたのです。

幸せの条件とはなにか?

真の成功とはバランスの取れた生き方から生まれます。

それは仕事と家族の両方がうまくいく事です。仕事がうまくいっていないと、家族といても幸せを感じられません。逆もしかりです。

仕事も家族もうまくいく。

簡単ではありませんが、それを実現して初めて、凪いだ海のように平穏な心を手に入れられるのです。

松井証券
LINE証券
岩井コスモ証券

関連記事

松井証券

岩井コスモ証券

おすすめ記事

  1. 必要なのは、絶対100パーセント成功するという思い込みではなく、絶対成功する、させてみせると自分で信…
  2. 世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。 (本田健 『ユダヤ人大富豪の教え…
  3. 肯定的な信念と結びついた思考ばかりではなく、否定的な感情と結びついた思考も潜在意識に到達しやすい性質…
  4. 成功は成功を確信する人のもとに訪れる。少しでも失敗を意識すれば失敗する。 (ナポレオン・ヒル …
  5. 富を築くのをさまたげるハードルのうち越えるのが最もむずかしいのは、自分自身に正直になり、人と違ったこ…

プロフィール

ページ上部へ戻る