ハインリッヒの法則

皆様、こんにちは、黒乃雅斗です。

いかがお過ごしでしょうか。

本日は、ハインリッヒの法則についてお話しいたします。

ハインリッヒの法則とは、アメリカのハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが、1929年に出版した論文の中で発表した、

「1件の重大な事故・災害の背後には、29件の軽微な事故・災害があり、その背景には300件の異常がある」という法則です。

これは、割られた窓ガラスをそのままにしておくと、その建物周辺にはゴミが捨てられる様になり、やがて地域の環境が悪化し、凶悪な犯罪が多発するようになる。という「割れ窓理論」に通じる考え方です。

では、この法則を基に、私達はどの様な思考で行動する必要があるのでしょうか。

この法則から得られる事は、あらゆる事に当てはめる事ができ、重大な事故の発生を防ぐ為には、ささいなミスや不注意などを見逃さず、その時点で対策を講じる必要がある。という事です。

これを言い換えれると、小さな地道な事を真剣に取り組む事で、大きな結果を生む。という事が言えます。

それは、目の前の小さな事に目を背けていれば、大きな成果は得られない。という事でもあります。

例えば時の発明家、エジソンも、1つの事を成し遂げる為に、100回ぐらいの失敗を経験しているのです。

そして失敗する度にこう言ったそうです。「よし、これで上手くいかない方法が一つ分かった」と。

この失敗した経験がなければ、すべからく、成功などなかったのです。

そう考えれば、失敗も小さな成功なのです。

大成功の為には小さな成功を成し遂げなければなりません。

小さな成功、それはひたむきな姿勢であり、挑戦です。

成功者に習う素直さ、謙虚さは、いつの時代においても大切ですね。

松井証券
LINE証券
岩井コスモ証券

関連記事

松井証券

岩井コスモ証券

おすすめ記事

  1. 世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。 (本田健 『ユダヤ人大富豪の教え…
  2. オーナー社長は大胆であっていい。自分の会社だから会社の損は自分の損。だからなにをするにもよく考えて行…
  3. 学校歴がそのまま会社の評価になる、極端な場合は、人間は日々変化し成長するものであることを無視して入社…
  4. 人生では、よほど慎重かつ大胆に企画し、かつ行動しない限り、希望するものを確実に手に入れることはできな…
  5. 貧乏な人は、貧乏になるような悪い習慣を持っているから貧乏から抜け出せない。この悪い習慣の一つは、貯め…

プロフィール

ページ上部へ戻る