他人の目で自分を見て我に返る

こんにちは、黒乃雅斗です。

人はたいてい壁にぶつかるまで、自分の考え方が正しいとの前提に立ち、同じ行動を繰り返します。

ただ、往々にして人は未熟な段階で正しいと思う事は、どこか微妙にずれていたり、勘違いしていたり、そもそも真向から間違っていたりします。

そして、壁にぶつかった時、我に返り、反発したり、そこに立ち止まってみたりします。

これは、慣性の法則が人にも働くという事です。

慣性の法則とは、外から力が作用しなければ、物体は静止または等しい速度で運動を続けるという法則であり、ニュートンの運動の法則の1つで運動の第一法則とも言います。

ここで大切な事は、若干の抵抗や障害に出会った時、自分の考え方を他人の目で見て、本当に正しいかどうかを疑い、修正する事です。

大きな壁があると、人は立ち止まり考えます。

でも小さなノイズであっても、客観的に再考する事ができると、人生はより進化していきます。

間違っていると思ったら、自ら抵抗力となり、行動を止める。

この事は、私が通っていた小学校の体育館に「過知必改」と書かれた額が、天上に掲げられていた事を思い浮かべます。

私は先生にこの言葉の意味を質問し、これは「自分の間違いを知ればすぐに正す」という事だと聞きました。

その時からこの言葉は私の記憶に深く刻まれ、人生の基本的な考え方の一つになっています。

大きな壁にぶつかる事で大きく考え直す事は、もちろん大切です。しかし、小さな障害でも考え直せるという事は、もっと大切です。

なぜなら、小さな障害で考え直していければ、そもそも大きな失敗には繋がらない。つまり、多くの失敗を経るお陰で大失敗を防ぐ事ができ、その先の成功を掴み取る事ができるからです。

多くの場合、人は間違った考え方でスタートします。

だから、障害の有無を問わず、微修正と大きな修正を適宜かけていかなければなりません。

それが、若干の違和感で行える人間になれればよいのです。

では、動かない人間はどうすればよいのでしょうか。動かない人は、動くきっかけができない限り動きません。動いて失敗して、修正しない人も問題ですが、そもそも行動を開始しない人も問題です。

人が動くきっかけは影響です。

影響を受ける為には、細かい事まで観察しようとする能動的な意思が必要です。

その影響がプラスになるか、マイナスになるかは、その人の心の安定性とそれまでの経験が関係してきます。

正しい考え方に出会い、正しい方向へ行動を続ける事で、人生が変わり、豊かな人生を歩む事ができます。

他人の目で見て我を振り返り、自分を成長させる。そして自己成長を最大の生きがいにする。私はそんな人生を送りたいと思っています。

松井証券
LINE証券
岩井コスモ証券

関連記事

松井証券

岩井コスモ証券

おすすめ記事

  1. オーナー社長は大胆であっていい。自分の会社だから会社の損は自分の損。だからなにをするにもよく考えて行…
  2. 感情のないトップセールスマンはいない。口下手でも話し上手でもどちらでもいいが、感情のない人間が成功す…
  3. アイデアは、目に見えないエネルギーである。そのアイデアを生み出した頭脳よりも大きな力を持っている。ま…
  4. 貧乏な人は、貧乏になるような悪い習慣を持っているから貧乏から抜け出せない。この悪い習慣の一つは、貯め…
  5. 会社に長くいると君は人生を生き抜いていくパワーを知らない間に抜かれてしまうだろう。だから、一時的に会…

プロフィール

ページ上部へ戻る