忍耐力を養い、感情に振り回されない心を持つ

こんにちは、黒乃雅斗です。

「最強の人物」とはどんな人でしょうか。

権力のある人、お金がある人、格闘術が得意な人など、思いつく能力は様々だと思います。

しかし、何が起こっても、誰から何かをされても、言われても、対応でき、他人の都合に振り回されない人間こそが、最強と言えるのではないでしょうか。

世界を代表する投資家であるウォーレンバフェット氏は、他人が冷静さをかいているような相場の時は、自分は一歩引いて考えるといいます。

例えば、多くの投資家が、こぞって株を買いに走るような混乱した相場では動かない。

バブル相場では、本来の会社の価値よりも高い値がついているので、バブルが弾ければ必ず損をします。

投資すべき対象がない時は何もせず、半年間新聞を読んで過ごした日もあったといいます。

投資家でありながら、投資をやらないというのは、簡単なようでとても難しい事であり、相当な忍耐力が必要になります。

この忍耐という言葉の意味は、苦しさ、悲しさなどを耐え忍ぶことです。

例えば、自分に不都合な事をされても、感情的に仕返しをしたり、現実から目を背けたりしない事です。

そしてこの忍耐する力は、人生において非常に重要な力であります。

リスクというのは、自分が何をやっているか分からない時に発生します。

例えば、バブル相場に浮かれて株を買ってしまう人は、本来の会社の価値をきちんと見ていません。

何となく儲かるだろう。みんな投資しているから自分もやろう、という雰囲気で買っているのです。

これでは自分の足元が見えていないのと同じ状態であり、リスクが大きく伴います。

中国明代の著名な思想家である呂新吾は、リーダーの資質についてその著書『呻吟語』のなかで、次のように述べています。

深沈厚重(しんちんこうじゅう)なるは、是れ第一等の資質なり。

磊落豪雄(らいらくごうゆう)なるは、是れ第二等の資質なり。

聡明才弁(そうめいさいべん)なるは、是れ第三等の資質なり。

「深沈厚重(しんちんこうじゅう)なるは、これ第一等の資質」

つまりリーダーとして一番重要な資質とは、どっしりとして重みがあり、落ち着いていて動じない事。

そして寛容であり、くだらないことには心を動かされない、確固とした己の信念を持ち合わせている姿であると。

また、「孫子の兵法」で、戦争で勝っても国は大きく消耗し、負けても亡国の憂き目に遭うかもしれない。 という記述があります。

つまり、「孫子の兵法」は、戦う方法を説く書物でありながら、安易に戦争をしてはいけないと冒頭でいさめているのです。

感情に振り回されて、自分を見失っている時は、じっと我慢して動かない。そういった判断も必要だという事ですね。

松井証券
LINE証券
岩井コスモ証券

関連記事

松井証券

岩井コスモ証券

おすすめ記事

  1. 目標や願望のいかんにかかわらず、勝つためには後退するためのすべての道を断絶しなければならない。成功す…
  2. 思考が明確な目標、忍耐力、あるいは強い願望とあいまって成功に向かって作用しはじめるとき、思考は強烈な…
  3. 世間は、その人の「知識」に対して報酬を支払っているのではない。その人が知識に基づいて何かをやってくれ…
  4. アイデアは、目に見えないエネルギーである。そのアイデアを生み出した頭脳よりも大きな力を持っている。ま…
  5. 不自由人は、自分で自らを不自由にしている。夜や週末の時間を平日の仕事の憂さ晴らしに使ってしまっている…

プロフィール

ページ上部へ戻る